脇マイスター

脇のお悩み解決方法

脇マイスター

脇はデリケートな箇所なので、様々な悩みがつきものです。

臭いや黒ずみ、ワキガ、脱毛などあらゆる難題が押し寄せます。

 

脇のケアといっても、その悩みに応じて対策していかなければなりません。しかも、脇ケアは複雑なので、臭いが気になるといってデオドラントを使用しても黒ずみができてしまうこともあるのです。
脇の悩みを改善させる秘訣は、その症状に適した対策をするということです。

 

そんな様々な悩みを解決させるのが私、脇マイスターです。
脇にまつわるあらゆる問題を解決に導くように、42回に渡って更新していくプロジェクトとなります。当ブログを見れば脇の悩みをすべて解決できるような記事にしていきたいと考えております。

 

ワキの事で悩んでいるならば、ぜひ当ブログを参考にして改善していきましょう。

 

脇の臭いで悩んでいる

 

脇のお悩みで一番多いのは「臭い」ではないでしょうか。
臭いの原因を知り、適切な対処をしていきましょう!

 

脇の臭いの原因は?

 

脇の臭いの原因には、二つの汗線が関係しています。
一つ目は、エクリン線。エクリン線から発汗される汗の99パーセントは水分で残り1パーセントに塩分・尿素・アンモニアなどが含まれます。ほとんど水分なのになぜ臭いがあるのでしょう?

 

それは大量に汗をかくことでインナーや洋服についた皮脂から雑菌が繁殖するからです。
この雑菌の繁殖が、脇の汗臭さの原因となります。

 

そして二つ目の汗線は、アポクリン線。
アポクリン線には、たんぱく質・脂質・アンモニア鉄分などが含まれており、独特の粘り気があります。
このアポクリン線の数が多いと少ない汗でも強い臭いを発してしまいます。

 

気になる改善方法は?

 

二つの汗線に共通している改善方法。
まず基本は、雑菌の繁殖を抑える事です。

 

その日に着た衣類は放置せずに、すぐに抗菌・防臭効果の強い洗剤で洗濯しましょう。また、洗濯物の生乾きは、雑菌の繁殖の元です。しっかりと乾燥した衣類を着るようにしましょう。 

 

雑菌の繁殖をしっかり抑えたうえで制汗グッズ(制汗スプレー・ボディクリームなど)を使用し臭いの対策をしましょう。おすすめはコチラのわきが対策クリームです。

 

また、体質的にアポクリン線が多い方。対策をしているのになかなか臭いが消えない方は、一度専門医(皮膚科・形成外科)を受診しお悩みを相談し、適切な治療を受ける事も大切です。

 

 

これも気になる!脇の黒ずみの悩み

 

「臭い」とともにお悩みの方が多い「脇の黒ずみ」
そもそもなぜ黒ずむのでしょうか?

 

黒ずみの原因は「ブツブツ型」と「くすみ型」の大きく二つに分けられます。

 

「ブツブツ型」は、毛抜きなどで毛を抜いたことによりお肌が炎症し、色素沈着をおこす事で黒ずんでしまう場合や脇の毛穴に汚れが詰まること等が原因でおこります。

 

一方「くすみ型」は、脇を強くこすってしまったり間違った剃毛を行うことが原因でおこります。

 

ふたつのパターンそれぞれの対処方法は?
まず、「ブツブツ型」の対処方法を見ていきましょう。

 

「ブツブツ型」で大事な事は、とにかく毛抜きを使わない事です。
毛抜きは、お肌を傷めます。適切な方法で剃毛し残ってしまった埋没毛は、週に一回ほどスクラブを使用し優しく古い角質を落としましょう。

 

「くすみ型」の対策として大事な事は、刺激・摩擦を減らす事です。
摩擦が起こると、お肌は乾燥してしまいます。乾燥はくすみの元です。
そして、乾燥防止のため入浴後にクリームやオイルを塗り保湿を心がけることも大切です。

 

脇の「臭い」「黒ずみ」これからの季節特に気になりますよね!
自信を持って薄着ができるよう対策をしっかりしましょう!

 

 

脇の黒ずみはなかなか人に相談できない悩みですよね。
夏が近づいてくると、どうしても脇を出す機会があって気分が重くなるという方も少なくないと思います。

 

脇の黒ずみができてしまう原因は様々ありますが、摩擦による色素沈着とムダ毛の処理方法があげられます。できてしまった脇の黒ずみは日々のケアで改善できます。
そこで効果的な黒ずみ解消方法をご紹介します。

 

まずは、美白のスキンケアを使うという方法です。
脇も顔と同じ肌なので、ケアすればするほど効果が現れてきます。

 

脇の黒ずみの原因が色素沈着であれば、ターンオーバーを促してあげる必要があります。
美白のスキンケアには肌のトーンを明るくする美白有効成分と、肌の生まれ変わりを促進する成分が入っていることが多いです。なので、お風呂上りの清潔な肌に乳液やクリームを塗ると効果を実感しやすくなります。脇 黒ずみ専用のクリームも出ているので、そちらを使うのもおすすめです。

 

時間がある時にはパックをするとさらに効果的です。
ムダ毛処理の方法で毛が脇に埋没してしまっていたり、肌が傷ついて毛穴が広がっている場合、保湿をしてあげることが重要です。

 

ムダ毛を処理した後の肌はとても乾燥しており、そのままにしておくと毛穴が広がって太い毛が生えてきます。そうすると脇が黒ずんで見える原因となります。
そうならないためにも、先ほど記述したスキンケアで十分保湿をしてあげることが大切です。

 

また、脇の黒ずみケアで誤解されがちなのが、スクラブを頻繁に行うということです。
たまに取り入れる程度なら問題ないですが、脇の色が気になるからといって毎回スクラブをしていると、強い摩擦が起こりさらに黒ずむ原因となります。

 

よかれと思ってしていることが悪循環になっていることがあるので気を付ける必要があります。
ボディソープで体を洗う時も同様に、強くこすりすぎてしまうと肌に負担がかかるので適度に行うようにしましょう。

 

基本的なことではありますが、脇を清潔に保つことも脇の黒ずみ解消に大きく役立ちます。
汗をかいたままにしておくと雑菌が繁殖して色素沈着が起こり、黒ずんできます。
不衛生にならないように、汚れたらこまめに着替えるなど気を遣うと清潔な状態をキープできます。

 

 

以上、脇の黒ずみ解消法をご紹介しました。
脇の黒ずみはケアをすればするほど効果を実感できるので、気長に取り組むことが大切です。
どれもすぐに実行できるものばかりなので、日頃から気を付けてキレイな脇を目指しましょう。

 

 

ワキの黒ずみ、肌の黒ずみ、どちらも女性にとっては良いものではありません。
脇が黒ずむと肌を露出したときに周りがひいてしまいますし、肌が黒ずんでいると老けて見られるなど好ましい状態ではないです。

 

もし、どちらかの状態で悩んでいる人は、食事でも改善する事が出来るので気をつけて摂取する事をオススメします。では、どのような食べ物を食べたら良いのか紹介します。

 

まずは、人間の肌には一定のサイクルがある事を覚えておきましょう。
ですので、黒ずみを解消していくために、心強くサポートしてくれる食べ物を日常的に口にしていく事が重要です。

 

まず、美肌にはビタミンCが良いといわれており、美容にも欠かせない成分です。
そして、ビタミンCの豊富な食べ物は赤ピーマン、黄ピーマン、ゆず、パセリ、ブロッコリー、キャベツ、キウイ、いちご、などです。

 

摂りやすい食べ物がある場合は、積極的にそれを摂取しましょう。
また、ビタミンB群も細胞の再生、血行をよくする効果があり、肌の代謝を活性化する働きがあるので他の成分と合わせて取ると良いです。

 

そして、ビタミンEは抗菌作用、酸化を防ぐ効果があるので色素沈着が発生するのを防ぐために積極的に摂取したい成分です。これは、落花生、モロヘイヤ、赤ピーマン、ニラなどに含まれています。
食事に入れて調理してみましょう。

 

また、ビタミンAなどは皮膚の粘膜の保持、免疫力アップの効果があります。
こちらも色素沈着の予防に欠かせない成分なので毎日の食事に取り入れましょう。

 

これは、鶏肉のレバー、豚肉のレバー、にんじんなどに含まれています。
また、亜鉛も角質層が作られるスピードを早める効果があります。

 

さらに、デトックス効果もあるので肌の老廃物を排出しやすくするので、サプリメントなどで摂ると摂りやすいです。

 

このように、肌の黒ずみが気になったらこれらの食べ物を積極的に取ると良いです。
基本的にビタミン類が効果的なのでたくさん料理に入れると良いです。

 

ビタミンは美容には欠かせない成分なので肌の黒ずみだけでなく、美肌にも効果的です。
お肌のトラブルに悩んでいる人にも是非積極的に摂るとオススメの食べ物です。

 

現代は野菜を食べる事が少なく、栄養バランスが偏っている人が多いので野菜を摂るのが難しいという人もいると思います。そういう人は、外食をしたときに出来るだけ野菜が多く入った食事をすること、休みの日は自炊するなど工夫が必要です。

 

お肌に良い食べ物を食べてお肌の黒ずみを解消して若々しくいてください。

 

 

 

足の臭いは冬よりは夏。
温度と湿度が上がるほど臭いが増すという感じです。

 

特にじめじめしている環境が足の臭いと水虫には最適な環境だといえるものです。
個人的には足の臭いと水虫にかなり悩まされたほうです。

 

しかし現在良好な方向に向かっているのを感じます。
酷いときはその臭いゆえに自分自身がとても臭かったという感じです。

 

たとえば中腰になって何かの作業をしていると、何処かわからないけれども臭いにおいが漂ってくるのです。どうやら足のところからという感じです。

 

靴下を履いているので靴下の臭いだというのならまだマシですが、素足なのに臭うのです。
原因としては水虫による爪の腐れが一番の原因で、あとは普通の足の臭さでした。

 

家に帰って足を洗わないで、靴下は脱いだもののそのままの素足だと臭ってしまうのです。
それで初夏から秋にかけては特に気になりました。

 

食事会などで特にお座敷なんかだと、足の臭いプラス水虫の臭いがするからです。
横にいる人は何も言わないかもしれませんが、なんかくさい臭いがすると思っているかもしれません。

 

私も人の足の臭い、特に靴の臭いで気絶するかと思ったことがありました。
そういう点で靴も梅雨時なんかは特に気をつけないといけませんが、普段でも気を配っているほうです。

 

湿っていると足の臭いだけでなく、水虫も進行してしまうからです。
それでいいのは、定期的に洗ったりするのがいいのですが、運動靴のようなものだと気楽にそれが出来ても皮靴などそういう類は出来ません。
それであまり履かない靴や、湿った靴には新聞紙をいれて湿りの防止や改善をしています。

 

それだけでなく、脱臭剤やシリカゲルなどで乾燥させたり臭い防止の工夫もしたりしています。
靴はそれでいいのですが、靴下にしても雨降りの日は予備を持ってあるいたりもしています。

 

問題の水虫も薬の服用や、軟膏などではだめで、かれこれ患って7年くらいもなるのですが、最近買った液体の薬がとても効果がありました。
それで半分くらいはよくなったような気がします。もちろん足の臭いも半分くらいに減ったような気がします。

 

足の臭いはやはり原因がいろいろとあるので、豆に面倒がらずに奇麗に洗い外的な対策もすれば、かなり防げると実感します。

 

 

脇は普段あまり見えない部位なので、つい油断しがちな女性も多いのですが、薄着になると男性の視線を感じることの多い部位でもあります。いくら美人でも脇が汚くてはがっかりしてしまいます。

 

この脇の悩みには黒ずみや、ブツブツ肌があります。ムダ毛をきれいに処理しても、その後のお肌が黒くブツブツしていたら恥ずかしくってノースリーブなんて着れませんね。

 

こんな脇になってしまう一番の大きな原因は自己処理にあります。
手っ取り早くカミソリで剃ってしまうと肌には摩擦ダメージが起こります。

 

角質も余分にそぎ落としてしまいますので、そのお肌を守ろうとして角質が厚くなってしまうのです。分厚くなった角質が肌を黒く見せてしまうため、摩擦から黒ずみは生じてしまいます。

 

こうなったお肌を改善するためには美白クリームなどが有効ですが、それだけでは不十分です。
汗をよくかくことの多い部位なのでつい忘れてしまいがちですが、汗をかくということはそれだけ肌の中は水分不足になっているのです。

 

また水分が足りないことは肌を硬くしてしまい肌のターンオーバーも遅らせてしまいます。
過剰に分泌してメラニンが積み重なった黒ずみ肌を改善するためには水分をしっかり補ってお肌のターンオーバーを整えることが大切です。

 

ブツブツとした汚い脇の原因は、毛抜きなどによる自己処理が考えられます。
毛抜きでムダ毛を引き抜く方法はカミソリより持ちがいいため好まれるのですが、実際はムダ毛を抜く時に毛穴自体に傷をつけてしまいます。

 

傷をつけることで細菌などが侵入し膿む原因にもなりますし、無理やり毛を引き抜いたことで開きっぱなしの毛穴はより毛穴を目立たせてしまいます。ですので、もし毛抜きで抜くという時には冷やしたりして開いてしまった毛穴をふさぐ必要があります。

 

この症状を改善するために一番有効な方法は、今している自己処理を一度止めることです。時間はかかりますが、肌にダメージを与える方法を止めることで少しずつ回復していきます。

 

でもそのまま脇の毛を野放しにしておくわけにはいきません。
ですから自己処理の代わりに脱毛サロンなどでムダ毛処理をします。

 

医療脱毛なら永久脱毛をすることもできますので、肌トラブルの原因だった自己処理からも解放されます。

 

エステに通うのはハードルが高いと感じる時、自己処理で一番良いのは除毛クリームです。毛の主成分であるたんぱく質を溶かすクリームを使うことで、肌をそぎ落とすことなく毛穴も傷つけずにムダ毛処理をすることができます。

 

ただし、どのお手入れでも保湿だけは欠かさず行うことが大切です。
しっかりと水分で満たされていることで困った脇の肌トラブルも起こりにくくなります。
関連する記事:脇の黒ずみは毎日のケアで改善する方法

 

 

夏は何かと汗をかくうえに臭いまで気になる季節です。
対策としては、デオドラントスプレーやボディペーパー、フェイシャルペーパーを使い、服の着替えを余分に持っていく。最後に漫喫や銭湯のシャワーを使うです。

 

仕事が終わったらボディペーパーやフェイシャルペーパーで体全体をふき、新しい服に着替えることです。ボディペーパーは体をふくのに適しており、なおかつデオドラントスプレーを使えば臭いが気になりません。特に外回りをされる方や倉庫業をされている方にはおすすめの方法です。

 

なぜこの方法を思いついたかといいますと、漫喫のシャワールームや銭湯に行く機会がなかったためです。この方法だと汚れや嫌な臭いを取り除くことが可能なうえ帰り道でも問題ありません。ただし新しい服に着替えたら、コンビニやスーパーのいらない袋に今まで着た服を入れ圧縮袋の中に入れれば臭いが来ることはありません。

 

漫喫のシャワールームや銭湯に行かれる方はコンテナで作業されている方や土木建築といった方々です。ここにいけば石鹸やシャンプーがあり、タオル2種類もあるため汚れが取れるうえに汗や嫌な臭いともお別れできます。

 

あとは汗を吸収する下着や上着の着用することです。
これを着れば汗だくになることはありませんし、臭いも気にならないので一石二鳥だと思います。

 

上着にファブリーズ系をかけたり、下着用のデオドラントスプレーをかけたりといったことです。
汗や嫌な臭いが消えることができます。

 

それでも厳しいなら夏は涼しいところに住むことです。
これだと冷房もいらないし汗をかくこともありません。

 

デオドラント対策から外れますが、最後にデオドラント対策をすることは性別問わずモテたいという欲求を満たすための行為でありエチケットだと考えております。

 

対策をすることによって大なり小なり汗や嫌な臭いとも解消されるでしょうし、効果がなかったではこのように書き込むこともありません。この記事がいいきっかけになれればと思います。