脇 ブツブツ肌 黒ずみ

困った脇の黒ずみ、ブツブツ肌の改善方法

脇は普段あまり見えない部位なので、つい油断しがちな女性も多いのですが、薄着になると男性の視線を感じることの多い部位でもあります。いくら美人でも脇が汚くてはがっかりしてしまいます。

 

この脇の悩みには黒ずみや、ブツブツ肌があります。ムダ毛をきれいに処理しても、その後のお肌が黒くブツブツしていたら恥ずかしくってノースリーブなんて着れませんね。

 

こんな脇になってしまう一番の大きな原因は自己処理にあります。
手っ取り早くカミソリで剃ってしまうと肌には摩擦ダメージが起こります。

 

角質も余分にそぎ落としてしまいますので、そのお肌を守ろうとして角質が厚くなってしまうのです。分厚くなった角質が肌を黒く見せてしまうため、摩擦から黒ずみは生じてしまいます。

 

こうなったお肌を改善するためには美白クリームなどが有効ですが、それだけでは不十分です。
汗をよくかくことの多い部位なのでつい忘れてしまいがちですが、汗をかくということはそれだけ肌の中は水分不足になっているのです。

 

また水分が足りないことは肌を硬くしてしまい肌のターンオーバーも遅らせてしまいます。
過剰に分泌してメラニンが積み重なった黒ずみ肌を改善するためには水分をしっかり補ってお肌のターンオーバーを整えることが大切です。

 

ブツブツとした汚い脇の原因は、毛抜きなどによる自己処理が考えられます。
毛抜きでムダ毛を引き抜く方法はカミソリより持ちがいいため好まれるのですが、実際はムダ毛を抜く時に毛穴自体に傷をつけてしまいます。

 

傷をつけることで細菌などが侵入し膿む原因にもなりますし、無理やり毛を引き抜いたことで開きっぱなしの毛穴はより毛穴を目立たせてしまいます。ですので、もし毛抜きで抜くという時には冷やしたりして開いてしまった毛穴をふさぐ必要があります。

 

この症状を改善するために一番有効な方法は、今している自己処理を一度止めることです。時間はかかりますが、肌にダメージを与える方法を止めることで少しずつ回復していきます。

 

でもそのまま脇の毛を野放しにしておくわけにはいきません。
ですから自己処理の代わりに脱毛サロンなどでムダ毛処理をします。

 

医療脱毛なら永久脱毛をすることもできますので、肌トラブルの原因だった自己処理からも解放されます。

 

エステに通うのはハードルが高いと感じる時、自己処理で一番良いのは除毛クリームです。毛の主成分であるたんぱく質を溶かすクリームを使うことで、肌をそぎ落とすことなく毛穴も傷つけずにムダ毛処理をすることができます。

 

ただし、どのお手入れでも保湿だけは欠かさず行うことが大切です。
しっかりと水分で満たされていることで困った脇の肌トラブルも起こりにくくなります。
関連する記事:脇の黒ずみは毎日のケアで改善する方法